服を売るならどんなフリマアプリ、オークションアプリがベストなのか。徹底調査した結果

古着コラム

フリマアプリ、ネットオークションを利用したことがある人は多いでしょう。

 

フリマもオークションも個人で売りに出すことには変わりありませんが、実はその特徴には大きな違いがあります。

服を売るには、フリマアプリとネットオークション、どちらがベターなのか

この記事を読めば一発でわかるようになっています。

 

 

フリマアプリとオークションアプリの違い

このふたつの違いはご存知ですか?

オークションか、フリマ、その違い。

違いとメリット、デメリットを知って自分にはどちらがぴったりなのかみていきましょう!

 

 

フリマアプリとは

フリマアプリのCM、WEB広告を目にしない日はないほど!

 

フリマアプリは、今はフリマブームのようなところがあって利用者も多いです。

出品、購入も簡単で高校生や主婦と比較的若年層に人気。

利用者の多さに比例して出品数が多く、購入側も商品を選べる幅が広いのです。

ちょっとしたものをすぐ出品できるのも人気の理由。

化粧品など数回使ったものや試供品でも高確率で売れます。

 

 

 フリマアプリの特徴

・販売価格が自分で決められる

・雑貨、洋服、グッズなどの商品が多い。

・基本的に個人での利用

 

フリマアプリのメリット

・初心者でもはじめやすい

・即決で買い物ができる

・匿名性が高い

 

フリマアプリのデメリット

・いつ売れるかわからない

・利用者が多い分、トラブルも多い

 

 

ネットオークションとは

今も根強い人気のあるネットオークション。

 

価格帯が高いものは、ネットオークションを利用する傾向が高いよう。

法人が出品しているケースも多く、アウトレットや堀り出しものが見つかることも。

 

ブランドが店頭よりも安く売られていることも珍しくありません。

 

ネットオークションの特徴

・価格は購入者側が競り合って決める

・家電、ホビー、ブランドなど価格帯が高めのものが多い

・個人だけでなく、法人の出品もある

・利用者の年齢層が高め

 

ネットオークションのメリット

・想定よりも安く買える、高く売れることがある

・店舗や店頭では出会えない掘り出し物が多い

 

ネットオークションのデメリット

・想定よりも高い買い物に、もしくは安く売れてしまうことがある

・匿名性が低い

・金銭のやり取りが直接出品者と落札者の間で直接行われることが多い

 

 

 

以上がフリマとオークションの違いです。

共通点は売れれば古着屋よりも高く売れるという点。

自分にあっているのはどちらでしたか?

 

おすすめなフリマアプリ

 

利用するフリマアプリを選ぶポイントは送料と出品手数料

今国内で大手2社のアプリのオススメポイントをまとめました。

 

最大手のメルカリ

 

メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ
CMで話題!フリマアプリ「メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリです。購入時はクレジットカード・キャリア決済・コンビニ・銀行ATMで支払いでき、品物が届いてから出品者に入金される独自システムで安心です。

 

フリマブームの火付け役、最大手のフリマアプリです。

利用者も多く、フォローも手厚いので服を売るなら圧倒的にメルカリがオススメです。

出品するのも簡単。

バーコードを撮影すれば商品の情報を引っ張ってきてくれたり、商品画像から商品のジャンルを自動的に入力してくれたり、初心者でも失敗なく出品できます。

 

さらに出品者側に嬉しいのはメルカリ便。

A4サイズの薄いものに限ってですがヤマト、ゆうぱっくを利用したメルカリ便は配送料が安く、お互いの住所を知らせずに取引をすることが可能。

また、独自のメルペイという電子マネーを確立していて、売り上げはそれを通じてコンビニやファミレスで使うこともできます。

 

 

販売手数料が安いラクマ

ラクマ(旧フリル) | 楽天のフリマアプリ - 中古/未使用品がお得!
楽天のフリマアプリ「ラクマ」は販売手数料が安い!オークションよりも簡単、フリーマーケットのように自由に販売、通販ショッピング感覚で購入できます。手数料が安く、PC/スマホサイトで無料で使えるフリマサイトです。楽天スーパーポイントも利用できます。

 

楽天運営のフリマアプリ。

バイキングなど人気番組で利用されることも。

ラクマの魅力はなんといっても出品手数料の安さです。

メルカリで売ると出品手数料に送料に持っていかれて思いの外売上がなかったということも。

 

ただ、送料はややラクマのほうが高く、匿名配送ができるのが日本郵政を使ったラクマパックのみ。

やはりメルカリより利用者の数やサービスは劣るものの、今後伸びていくことが期待されます。

 

現在、フリマアプリはメルカリとラクマこの2つが代表。

ユーザー層の多さと売れやすさは比例しますから、このどちらかを利用するのがベター。

 

 

ネットオークションアプリのおすすめ

最近ではネットオークションを利用する人は減少傾向にあります。

でも実は掘り出しものも多く、物によってはこちらのほうが高く売れることもあります。

 

誰もが知るヤフオク

ヤフオク! - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ
ヤフオク!は、お店にないものも見つかる買える 日本最大級のネットオークション・フリマアプリです。圧倒的人気のオークションに加え、フリマ出品ですぐ売れる、買える商品もたくさん!

 

ネットオークションはヤフオクの一人勝ちと言ってもいいほどの代表格。

ヤフオクでもフリマ出品機能があり、自身が希望する価格で出品することができます。

法人の出品も多いので、特にブランドものが欲しい人はフリマアプリよりもオークションをチェックしていることが多いようです。

 

コンビニでの受け取りもでき、オークションでは最も手厚いサービスが用意されています。

 

 

使い方によってお得なモバオク

オークション モバオク - お得な新品・中古品を買うなら!
オークション モバオクは新品・中古品などの人気のブランドアイテムや自動車、バイクが続々出品中!誰でも超カンタンに出品・入札・落札が楽しめる、日本最大級のオークションサイトです。スマホ・アプリ・PC・ケータイ・タブレット、それぞれに対応。

 

ヤフオクの次に知名度が高いのがモバオク。

比較的年齢層が若く、女性の利用者が多いです。

ネックなのは商品購入時にかかる手数料があることです。

それでは利用する人がいないのでは?と思いますよね。

 

出品者側に月額以外の手数料がかからないということは、その分少し販売額を下げて出品できるということ。

ただし、300円分出品利益を取り戻さないと逆に損してしまう可能性もあります。

 

ひと月にたくさん出品したいという人にはオススメです。

 

まとめ

気軽に出品できて売れやすいのは圧倒的にフリマアプリ。

匿名性も高く、金銭の取引を運営側が仲介してくれるのでお金のトラブルは少ないと思います。

 

ブランドものを売りたいと思う人はオークションの方がオススメかもしれません。

 

自分の出品する服にあわせて使い分けるのがベストだと思います。

Comments